| main |

スポンサーサイト

author : スポンサードリンク | 2014.03.18 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -

幕末Rock【PSP】

author : しょやん(SHOYARN) | 2014.03.18 Tuesday
ブログ更新を面倒くさまっとりましたが…
3月入ってしばらくはPSPの「幕末Rock(ロック)」をプレイしておりました…


男性声優陣による楽曲が前面にフィーチャーされているせいか乙女ゲーの括りになっているようですが、中身は純然たるバカゲー… もとい音ゲー…
いや俺ちゃんも最初このゲームの情報を知った時は設定にバカゲー間違いないと思ったものでしたが。
以下あらすじ。

時は幕末。最高愛獲(トップアイドル)である新選組を利用した洗脳ソング“天歌”(へブンズソング)による強引な泰平化で、国と民を支配する徳川幕府。
天歌以外の歌を歌うものは“死罪”という幕府の行動に疑問と憤りを感じる坂本龍馬を始めとする志士(ロッカー)たちは、自由と正義のために“Rock”の力で世界を変えるべく立ち上がる!
雷舞(ライブ)で民衆の心を解放し、日本に革命を起こせ! 幕府が放つ最高愛獲の新選組と、自由を求めて闘う熱き志士たちによる信念の戦いが始まる。

いちいち当て字が面白いコレをバカゲーと言わずしてなんと言おう… リズムゲーム苦手な俺ちゃんですがこれはやらねばなるまい!と発売をヒソカに待っておったのでした。


いきなりラスボス感あふれる人物が登場… この人は井伊直弼さんだそうですよ…
こいつが天歌(ヘブンズソング)で世の中を操っているのですね?


そして反旗を翻す主人公の坂本龍馬… だいぶんにかぶいた姿ですな…


ヒ、ヒジゾー? ソウちん?
もしかして土方歳三と沖田総司のことかしら…


ソウちんこと沖田総司は龍馬のことをトサカくんと呼んでいるらしい…


センセーはともかくシンディとは…


シンディとは高杉晋作のコトデシタ… そしてセンセーは桂小五郎のことだそうで…


最初はこの三人によるセッションがリズムパートのチュートリアルになります。


上からボタンアイコンが降ってくるのでラインに合わせてタイミングよく押すという、音ゲーとしてはオーソドックスな仕組みですな。


おッ、なんかオープニングアニメが始まった…


なかなかキマってるじゃねえか…


第一話… 龍馬が大舞台(オーディション)に参加しようと土佐から京都へ上ってきたところから物語が始まります。


しかし紹介状がないからと足蹴にされる始末…


ここで選択肢登場… このゲームは選択肢による分岐などはなく、贔屓(ファン)の増加があるだけなのでどれを選択しても構いません。


大舞台(オーディション)に参加できず途方に暮れる龍馬に天狗さんが近づいてきました…


なにやらシャレオツでハイカラな店に連れて来られた龍馬…


へえ〜幕末の時代にピザなんてあったんだ(適当な感想)


と、連れてきた天狗さんが食い逃げ… カネが無いならボディだよボディと龍馬に凄むおっかないヒト…
お登勢さんという名前だそうですが… 男か女かは分かりません…


選択肢とリズムパートの結果によって贔屓(ファン)の数が増え、隠された項目が開放されていくという仕組みですな。


成り行きで借金をこさえてしまいお登勢さんの店で働くことになった龍馬…
幕府のお達しにより店内でロックを歌うことが出来ないため、店の外で歌ってストレス発散といこうじゃないッスか…


いやあ… 俺ちゃん本当にリズム感ないわあ…


ボタンを押すのが精一杯でプレイ中のアニメーションなど眺める余裕もなく…


Bランク… これでも必死なんですよ…?
AとかSとか都市伝説じゃないッスかね?

フタを開けてみればわりと… いやかなり真面目な内容にむしろ面食らうくらいでありました…
いわゆる乙女ゲーでいうところのヒロインが存在せず、あくまで主人公は坂本龍馬であり、今後は龍馬を中心としたシリアスなストーリーが展開されてゆくのであります…
贔屓の増加数で開放されていく項目も、何度もリズムパートをプレイして地味に増やしていけばコンプリートもたやすいです。
ゆえにこのゲームってば「おとめゲー」ならぬ「おとゲー」と言えましょう。
上手いことオチをつけたつもりです。
| PSP | - | -
| 1/3PAGES | >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES